膝痛を予防するプロのマッサージ師がするマッサージ方法

いつもの運動をしてください。

1.うつぶせになって、やってあげる人は足首をつかんでゆっくりまわし、足を置いてから、ふくらはぎを、「つかんで離し、つかんで離し」をしてちょっと押したりしながらゆるめます。



2.膝を深く曲げてくりくりします。できればもう一度ふくらはぎをゆるめます。



4.上向きになったら鼠径(そけい)靱帯を手のひらでゆるめて、縫工筋が太ももを横切っていることを見つけてもらい、太ももを押したりつかんだり、手のひらでグリグリしたりしながら膝の内側まで続けます。


5.膝のお皿の少し上をふわふわつかんでゆるめます。


お皿は無理に動かさないようにします。手で温めるだけで効果大です。


6.そのまま、足首まで、「つかんで離し、つかんで離し」をしますが、4本の指で内側だけを押すようにしてもいいのです。


膝は上下の筋肉がゆるんでから、始めます。太ももと、足首、ふくらはぎを先にゆるめるのがポイントです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ