痔と便秘に効果的なマッサージのやり方

いつもの運動をします

1.いつもの運動を終わったら、やってもらう人はうつぶせになります。

2.やってあげる人は足を支えて腰を大きく左右に倒す運動をし、背中と腰を押します。


背中を仙骨(骨盤の後ろのぺたんこの骨)まで押して、暖めるように手のひらでさすります。



3.横を向いて、足を大きく広げて、足の内側をかかとまでストレッチします。



4.もう一度骨盤に戻り、仙骨(お尻たぶ)をゆっくりと押します。骨の端を確認するようにきちんと押します。

静脈叢は仙骨の内側ですから、刺激はここからしか伝わりません。

痔のツボはここにたくさんあります。会陽、長強、上?、次?、下?などですが足にも多く存在します。
お腹にある便秘のツボ

痔に効果的なツボ



5.もう一度足の内側を、太ももからかかとに向かって押し、ふくらはぎをひざに乗せてこりこりとゆるめます。




~~ひとりでできること~~

足を投げ出すようにして、ふくらはぎの内側を、親指で、はじくように、プルン、プルンとします。足を刺激して、静脈血が活発になり、肛門周囲の鬱血が少なくなるようにします。



低温やけどに気を付けてホッカイロを利用しましょう。骨盤やおなかをあたためることは便秘の場合以上に大切です。お風呂にもはいりましょう。

便秘のツボのイラストも入れました。内側の静脈の流れと重なることがおわかりいただけますか?足をあたためましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ