ペアでする便秘解消のマッサージ

~~ふたりでやるとできること~~

いつもの運動をします。

やってもらう人は横を向いて、枕を支えに入れます。

1.やってあげる人は腰の部分の固いところを、最初に前向って押し、次に親指を背中側に引くようにてみます。押すだけじゃなく引くことで、刺激が広く行き渡ります。(




便秘の特効穴の、志室、大腸兪、小腸兪はこの辺にあります。

神経質にならず、腰を上下広く押せば当たります


2.上を向いて、おへその下あたりから、下へ向って垂直に押します。
(ゆっくりと下に向かって垂直に、痛くない範囲で押します)

手のひら、四指、など、やってもらう人の気持ち良さで決めます。必ず垂直に押すだけにします。
あちこちの方向にもむと危険な場合があります。


3.手を、やってもらう人の右脇腹にずらし、骨盤の内側をきちんと押さえてから、上に向かい、肋骨のあたりから横に向かい、さらに下に向かいます。(上行結腸、横行結腸、下行結腸の順)

ここでも骨盤の内側をきちんと押し、さらに骨盤の恥骨結合を押します。

これで「の」の字を書くようにおなかを一周です。

必ず時計回り、垂直圧のみです。こねると危険な場合があります。特に他人で高齢者の場合は厳禁です。


4.上向きになり、やってあげる人は、膝に手を添えて、イチニ、イチニ、と言う感じで、足を交互に胸に近づけるお手伝いをします。


これは腹筋を刺激する運動ですが、足を胸まで無理に近づける必要はなく、足の付け根からおなかのあたりがよく動く感じにします。

サブコンテンツ

このページの先頭へ