背中の筋肉をイラストで解説!総合的な運動法について

腰を伸ばすと言うことが、背中の屈伸運動だけ、と考えると効果が小さいので、筋肉を大きく分けて、総合的な運動法を 説明します。

わかりにくくてすみませんが、イラストを見てください。


大きく分けて、骨盤の内側の大腰筋と、外側の背すじになります。

内臓の上の腹筋と、背すじが、おなかと背中(胴体)を作ります。

脊柱起立筋・・・・一番深い背中の筋肉で、骨盤の外側の一番下から立ち上がり、背骨を支えて頭の付け根まで続きます。

大腰筋・・・・・・背骨から出て、骨盤の内側を「はすかい」のように斜めに走り、大腿骨の小転子に着きます。これが捻挫を起こすと「ぎっくり腰」です。小腰筋、腸骨筋なども同じような場所にあり、一緒に動きます。

内転筋群・・・・・骨盤の下の部分から立ち上がり、太ももの内側に着きます。数本の筋肉の集まりで、同時に動きます。

屈伸運動は、脊柱起立筋と腹筋の運動です。大腰筋と内転勤群は、体をねじる、踏ん張ると言う仕事をする斜めの筋肉です。大腰筋は太ももを引き上げる働きもあります。

立つ、踏ん張る、ねじる、この3つの疲労を軽くするには、足の内側をゆるめる、足の付け根をゆるめる、背筋をゆるめるという3つのポイントのどれかが足りないと効果が小さくなります。

足の付け根は股関節と言い、ここがなめらかに動くかどうかで、腰のゆるみ方がちがい、また捻挫など足のトラブルとも関連します。

「いつもの運動」は大腰筋と内転筋をゆるめる基本なのです。また、腕を回す運動は、脊柱起立筋をゆるめる運動でもあります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ