頭痛に効くツボと一人でできるマッサージ方法

1.手で一方の額を支えて、反対の指で「天柱」を中央に向うように押します。これはやってあげるときも使います。


「天柱」は後頭部のツボのイラストにあります。


2.首をゆっくり回した後、「天柱」に親指を当てて、首を反らすようにして、中央に向うように押します。


3.首の疲労回復のポイントは、反らすだけでなく、ゆっくりと伸ばすことです。自分でやるときも、やってあげるときも、丁寧にゆっくりと伸ばします。


少し左右に首を動かしてみて、気持ちがよければゆっくり2~3回。
高血圧の人の頭痛は、常の症状を知っている家族でなかったら、やめてください。さわらない方がいいです。冷たいようですが、安全が大事です。
特に拍動、めまい、などがあったらすぐ医師の診断を受けてください。


ご注意頂きたいのは「肩井・けんせい」というツボです。
肩井・けんせいのツボの場所
様々な症状によく用いるツボですが、反面、強さや時間の不適合で、気分が悪くなったり、ふらふらしたりと言うことが起きる場合があります。

第10脳神経・迷走神経の枝が直下にあり、血管を収縮させるからだと言われています。このツボと「合谷」だけは知っているよ、というお医者さんが多いですね。それだけ有名なツボです。

シャンプーや、お風呂に入った後だと、温熱効果などでずいぶん緩和されていますから、マッサージの効果が大きくなります。

お風呂に入った後の気持ちよさは、自律神経を落ち着かせ、安堵感をもたらしますから、マッサージとの相乗効果が期待できます。
頭痛に効くツボ 前頭部

頭痛に効くツボ 後頭部

頭痛に効くツボ 側頭部


サブコンテンツ

このページの先頭へ