足が吊る(こむら返り)を防止するための二人マッサージ

いつもの運動をします。

1.どちらが吊るのかはっきり聞きます。しかし、両方交互とか、その時によって右が吊ったり、左が吊ったりと言う人が多いものです

仰向けに寝て、内くるぶしが合うかどうか、足が左右同じ形に開いているかどうか、足の様子を見ます。


2.やってもらう人はうつぶせになり、足を支えて腰を左右に大きく、ゆっくりと倒す運動をします。



3.横を向いて、やってあげる人は、足の付け根の内転筋から、かかとまで、膝の下にクッションなどをいれて、ゆっくりと伸ばしながら押し、様子を見ながらと往復します。ふくらはぎの固いところを、親指でくりくりしながら丁寧にゆるめます。



4.お尻に、両手重ねて置き、肘を曲げないで垂直に押します。

骨盤の端をなぞるように、中央のころころした部分をくりくりしながら押す手の位置や方向を変えながら、お尻全体を「押してはグリグリする」を繰り返します。



5.上を向いて、股関節を丁寧に、右回し、左回しをします。



6.誤解されない関係の人にだけやることを追加します。


内側の筋肉と骨の関係はこうなっています。



7.上向きに寝ます。やってあげる人は横に来て、やってもらう人のかかと側にある自分の足の膝に、やってもらう人の足を曲げて乗せます。

大変だったらクッションを入れ手もいいのです。やりやすくして下さい。

鼠径靱帯を手のひらでゆるめ、足の付け根の骨に、親指以外の4指を当てて、くりくりするようにしながらゆるめます。

慣れたら、左右の手を同時に動かし、鼠径靱帯と太ももの付け根全体が大きくゆるむようにやってみると効果が大きくなります。


8.上向きになって、足を立ててゆっくりと左右に倒す運動をします。

これは生殖器とも近い部分ですが、足の内転筋はこういう構造なのです。

鼠径靱帯も同時にゆるめると、足の付け根の「大腿三角」という筋肉の隙間の奥にある大伏在静脈がゆるみます。

また鼠径靱帯の下の大腿静脈もゆるむので、その相乗作用でびっくりするほど血流が良くなり、軽くなると同時に冷えの予防にもなります。

この手技は、常連さんのゴルフでの嘆きを聞いて、解剖の写真集と教科書を付け合わせながら考えたものです。

数人の医師に試させてもらって、「よく考えたなあ、効果満点」とOKをもらいました。こういう大きな手技はまず医師にやってみて、アドバイスをもらいます。

股関節にトラブルがある人はやめて下さいね。

これも医師からのアドバイスです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ