病院関係者がアドバイス!四十肩とも五十肩への対処法

本当の名前は「肩関節周囲炎」で四十肩とも五十肩とも言います。

機能障害と疼痛が特徴ですが、回復期も原因もまず、わかりません。

大きく分けて、急性期と回復期になります。

急性期・・・症状の軽い、重いはありますが、最初の、何をしても痛い、夜間痛があって辛い時期です。症状が重い場合は、整形外科の診察を受けましょう。安静、消炎鎮痛処置となりますが、内服薬、注射もあり、「痛い期間を短くする」と言うことが回復期への大切なポイントです。

回復期・・・痛みは治まっても、動かすと痛い状態で、完全な回復まで個人差がありますが長時間かかります。殆どの場合1年以上です。暖めながら、ゆっくりと運動法を続けます。痛いからと動かさないと凍結肩となって、痛みが消えても可動域が制限されてしまいます。ある高さ以上に、腕があがらないとか・・・

ゆっくり、ゆっくり、繰り返し、ムキにならず、日常に運動法を取り入れます。

病院勤務の友人からの情報です。始める前に参考までに。

これまでは、肩関節の周囲に、老化を主な原因とする疼痛と機能障害(主に可動域制限)のあるものを四十肩、五十肩としていましたが、現在は下記のように病名を区別するそうです。これ以外が肩関節周囲炎となるそうです。

外傷性肩峰下滑液包炎(スポーツ選手に多い)、腱板炎、腱板断裂、変形性肩関節症、変形性肩鎖関節症、上腕二頭筋(力こぶを作る筋肉)頭頂炎

診察を受けて病名をはっきりさせ、素人判断による病状悪化、機能障害の回復遅れなどを防ぐことが大事です。

その中でも、「救急車を呼ぶ五十肩」といわれる激烈な痛みを伴うものがあります。

「石灰沈着性腱板炎」です。

40~50代の女性に多く、突然発症することが多いのです。

我慢しないですぐ医師の診断を受けましょう。ベテランの医師はすぐわかり、レントゲン検査で確認して、神経ブロック、肩関節へのステロイド剤、所麻酔剤等の注射で痛みを止めるなどの処置をしてくれます。これは痛みを我慢してもだめなのだそうです。

関節の周囲には、「関節包」という袋にゼリーのようなものが入っていて、関節がつるつると動く補助をしています。それがゼリー状から、濃くなって石灰化しますが、さらに動き出して神経などさわり、激烈な痛みとなります。初期なら注射器で吸い出すとか、段階によって対応して痛みを取り、一息つかせてくれます。医師に任せて辛さは最小限にしましょう。

がまんして治まるのを待つのは大変です。現代医学があるのですから、きちんと診察を受け、処置を受けて早期回復を目指しましょう。

そして痛み止めをもらうときは胃腸の個性を伝えましょう。

これは忘れがちですが大事です。胃に優しい薬を処方してもらいます。

それに、治療を始めて、ずいぶん時間が過ぎても、軽くなってこない場合、別な医療機関の診察を受けてみるのもいいことです。その場合は、「MRI」のある医療機関に行くと確実です。はっきりした診断ができます。

整形外科のある病院、また整形外科専門の大きな医療機関なら設置してあるでしょうし、なければ紹介してくれます。

ただ、厳しい時間指定があるそうですからよく確認してくださいね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ